精神看護研究サイト

精神看護における悩みトップ3を紹介!【精神看護研究サイト】

精神看護の悩みトップ3

看護師さんの悩みの中でも、精神看護に携わる看護師さんたちの悩みにフォーカスをあてています。現在精神科の看護をしている看護師さんが読んで、思わず「まさに自分の悩みと一緒!」と叫んでしまうような内容です。一人で頭を抱えているよりも「みんな同じ悩みを持っているんだ」と思えれば少しは気も楽になるかも。同時に、リアルな現役看護師の声もお伝えしていますよ。

精神看護における悩みをチェック!

病理のない患者さんへの対応

「病理のない患者さん」とは病気の原因が医学的に見当たらない患者さんのことです。精神看護の現場では「病理のない患者さん」の存在は珍しくありません。医学的には病気とは言えないけど不調を訴える患者さんに対し、どのような対応を取ればいいか分からない、と嘆く看護師さんは多いです。今このサイトをご覧の看護師さんの中にも、同じ悩みを抱えている方がいるかもしれませんね。でも、安心してください♪患者さんへの対応で悩んでいるのはあなただけではありませんよ。次ページでは、病理のない患者さんの特徴をお伝えしつつ、対応に困っている現場看護師の生の声をお伝えしていくことにしましょう。

体力的問題

精神看護における大きな悩み、続いては「体力的問題」です。体力的問題は精神科でなくとも看護師として活躍する以上、切っても切り離せない悩みではあるのですが、精神看護はまた特別。というのも精神疾患の重い方の中には突然暴れだす方がいて、私たち看護師はそれを全力で阻止しなければならないためです。詳しいお話は次ページでしていくことにしましょうね。暴れる患者さんの対応だけでない、精神科ならではの体力的な問題や課題についても見えてくる内容です。現場看護師たちの声に思わず賛同してしまう人も多いのではないでしょうか?

閉鎖的空間

精神看護にまつわる3大悩み、最後に紹介するのがそう、「閉鎖的空間」に関することです。精神科の病院や病棟すべてが閉鎖的であるわけではありませんが、現実問題として排外的な雰囲気に苦しんだり、悩んだりしている看護師が多く存在しています。次のページでは、なぜ精神科には閉鎖的な雰囲気が漂っているのか?閉鎖病棟において、看護師たちはどのような働き方をしているのか?などについてお伝えしていくことにしましょう。さらに、看護師たちのリアルな声もお届けします。実際どんな悩みがあるのか知りたい方や、将来精神科で活躍したいとお考えの方で「メリットだけじゃなくありのままの現状を知っておきたい!」という方も是非参考にしてくださいね。

おすすめ記事ピックアップ